11月22日に壇蜜と結婚した清野とおる、過去に結婚宣言していた?!

2019年12月22日

【11月22日に壇蜜さんと結婚した清野とおるさん、過去に結婚宣言していた?!】

 

2019年11月22日、タレントの壇蜜さんと「東京都北区赤羽」などの漫画で知られる漫画家の清野とおるさんがおめでたく結婚を発表されました。

 

壇蜜さんと結婚した清野とおるさんは有名な作品を多数生み出されている漫画家さんです。

その清野とおるさんの過去の漫画作品の中には、

今回の結婚を彷彿とさせるまるでデジャブのような内容の漫画が描かれているようです。

もしや今回の結婚と何か関係があるのでしょうか?

 

そこで今回は、

  • 清野とおるさんは過去に自分が11月22日に結婚する事を宣言していた?
  • 清野とおるさんと結婚した壇蜜さんに対して親友の押切蓮介さんは嫉妬してる?
  • 11月22日に壇蜜さんと結婚した清野とおるさんと結婚宣言の関係についてまとめ

 

このような今気になる清野とおるさんが11月22日に結婚した事清野とおるさんの漫画の内容が偶然にも一致している事についてお届けしていきたいと思います。

清野とおるさんは過去に自分が11月22日に結婚する事を宣言していた?

壇蜜さん清野とおるさんは、「イイフーフノヒ」にあたる大安の11月22日

清野とおるさんが暮らす東京・北区役所に2人で婚姻届を提出したそうです。

なぜ11月22日に入籍したの?

なんと、清野とおるさんは2018年7月発売の自身の作品『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』5巻に掲載されている番外編漫画

『その「おしあわあせ」、俺にもくれよ!!』内で自身の結婚宣言!?予告?!予言?!をされていました!!

その「おこだわり」、俺にもくれよ!!5巻
その「おこだわり」、俺にもくれよ!!5巻

すごいですね!!

こんな漫画通りの事が本当に現実になるなんて!!

 

でも、本当のところどうなのでしょう?

こんな作品通りに偶然?!実際うまく現実化するでしょうか??

実はこれは予告ではなく、

この話を執筆中に本当はもう既に壇蜜さんと交際されており、

目処が立っていたからこんなにもにハッキリと漫画で結婚宣言することができたのではないでしょうか??

 

 

なんと!!

どうやら清野とおるさんは本当に自身の未来を予言、クリエイトされていたんですね!

これは完全に引き寄せの法則ですね。

意図的?なのか偶然?ネタ的にこういうオチにされたのか分かりませんが、

本当に漫画通りに素晴らしい方と結婚を現実化されたんですね!!

思考は本当に現実化するという事を100%体現、証明されておられてとても夢がありますね!!

 

====================

引き寄せの法則とは

ご存知の方も多いかもしれませんが、簡単に説明すると、

いいことを考えれば、いいことを引き寄せ、悪いことを考えれば悪いことを引き寄せるという、

「思っているコトやモノと同じものを引き寄せる」という宇宙の法則のことです。

私達は願望を思い描いたり、紙に書いたり、宣言することで意図的に潜在意識、思考をコントロールして、

臨む未来を創造することができるんですね。

====================

 

清野とおるさんは過去に自身のブログ内でも、

「できるものなら世間を「アッ」と言わせたい。でも、なかなか「アッ」と言ってくれないのが世間。
いや、法を犯していいんだったらいくらでも「アッ」て言わせられるけど、
法を犯さず「アッ」と言わせるのは、本当に難しいことである。」

と書かれています。

こちらに関してもしっかり有言実行、願望の現実化をされたということですね!

 

清野とおるさんと結婚した壇蜜さんに対して親友の押切蓮介さんは嫉妬してる?

清野とおるさんといえばすぐに思い浮かぶのが押切蓮介さんですよね。

清野とおるさんは同じく漫画家の押切蓮介さんととても深い関係にあります。

その為、今回の壇蜜さんとの結婚に対して真っ先に親友である押切蓮介さんの事を心配された方も多いと思います…

 

====================

 

清野とおるが結婚しちゃったら押切蓮介は誰と遊べばいいんだ

 

====================

 

清野とおる氏が結婚したと聞いて真っ先に気になったのが押切蓮介氏の反応っていうw

 

====================

押切蓮介さんとは?

狭い世界のアイデンティティー1巻
狭い世界のアイデンティティー1巻

押切 蓮介(おしきり れんすけ)

生年月日 1979年9月19日 (2019年 40歳)

出身地 東京都世田谷区

現在は東京都杉並区高円寺在住

1998年に『週刊ヤングマガジン』(講談社)に掲載された『マサシ!!うしろだ!!』でデビュー。

代表作に、『でろでろ』、『ゆうやみ特攻隊』、『ピコピコ少年』シリーズ、『ミスミソウ』、『プピポー!』、『ハイスコアガール』、『焔の眼』、『狭い世界のアイデンティティー』を連載。

アニメ化、映画化されている有名作品を沢山生み出されています。

今すぐ、押切 蓮介狭い世界のアイデンティティー1巻』を無料で読みたい、という方はぜひ♪

2週間無料トライアルキャンペーンを体験する

2つの【最強特典】を利用する裏技的な手法により、狭い世界のアイデンティティー1巻を全ページ完全無料で読むことができる!

Amazonアカウントで登録するだけで、31日間無料サービス
無料で合計1300円分のポイントをもらうことができる

無料期間中に最大1300ポイント分の漫画が無料で!

清野とおるさんと押切蓮介さんの関係って?

同期に「ヤングマガジン」でデビューした事で偶然知りあう。

翌1999年、神保町で初めて顔を合した際に互いの斜め上を行く感性が同調し意気投合する。

プライベートで趣味の徘徊に付き合ったり、

押切蓮介さん音楽活動同人活動を共に行ったり、

トーン貼りなどの作業を手伝ってもらったり、

相互の単行本の帯に推薦文を出し合ったりしている。

Wikipedia引用

押切蓮介さんの漫画には『でろでろ』の単行本巻末に掲載される「蓮介漫画日記」や、『ピコピコ少年』シリーズ

現在『月刊モーニングtwo』にて連載中の『狭い世界のアイデンティティー』作中などで清野とおるさんが何度も登場し数々のエピソードが描かれています。

因みに過去に清野とおるさんと活動されていた怪奇テクノという音楽活動で

狭い世界のアイデンティティー(作詞/作曲/押切とFQTQ・歌/清野とおる)という楽曲も出されています。

この漫画作品の元ネタはこの楽曲に間違いないと思われます。

こちらはカイキドロップコアマガジン)という押切蓮介さんのウェブサイト本内にCDが収録されていました。

清野とおるさんの漫画も収録されています。

また、清野とおるさん『東京都北区赤羽以外の話』など自身の漫画で押切蓮介さんとの交流によるエピソードを描いておられます。

 

東京都北区赤羽以外の話
東京都北区赤羽以外の話

今すぐ、清野とおる東京都北区赤羽以外の話』を無料で読みたい、という方はぜひ♪

2週間無料トライアルキャンペーンを体験する

2つの【最強特典】を利用する裏技的な手法により、東京都北区赤羽以外の話を全ページ完全無料で読むことができる!

Amazonアカウントで登録するだけで、31日間無料サービス
無料で合計1300円分のポイントをもらうことができる

無料期間中に最大1300ポイント分の漫画が無料で!

お二人は合同で同人誌も出すほどの仲良し♡

プライベートでは東京中を徘徊されているのは有名ですね。

 

押切蓮介さんいわく「自分が女だったら今すぐ結婚してもいい」ほどの仲。

だそうです

このような発言もありお二人の間には熱愛説もありましたが…、

 

====================

 

清野とおる先生を壇蜜に奪われた後の押切蓮介先生が俺は心配だよ…

 

====================

 

清野とおるは押切と結婚するとばかり……

 

====================

====================

 

清野とおるが壇蜜と結婚って押切蓮介はどう思ってるんだろ笑笑。

 

====================

 

 

ご本人がキッパリと疑いを晴らしておられますね。

 

====================

 

清野とおる先生の結婚に対する押切蓮介先生の反応を漫画で見たい

 

====================

 

早速押切蓮介さんは今回のおめでたい清野とおるさんの祝福を漫画で表現されているようですね!

お二人はこれからも大親友に違いはありませんね♡

 

11月22日に壇蜜さんと結婚した清野とおるさんと結婚宣言の関係についてまとめ

 

  • 清野とおるさんは自分が11月22日に結婚する事を、過去に自身の作品『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』5巻に掲載されている番外編漫画『その「おしあわあせ」、俺にもくれよ!!』内で本当に自身の結婚を宣言!?予告?!する内容の漫画を描かれていた。
  • 清野とおるさんと結婚した壇蜜さんに対して親友の押切蓮介さんは、別に嫉妬していなかった笑 祝福されていました!

 

どうでしょうか?

清野とおるさんが11月22日に結婚した事清野とおるさんの漫画の内容が偶然にも一致している事について謎が解けましたでしょうか?

ここまで読んでくださりありがとうございます。